トップ / 二の腕のたるみを除去するベイザー

二の腕をベイザーする

二の腕のたるみを除去するベイザー

90%の除去率をほこるベイザー

二の腕の太さが気になるけれど、なかなか細くすることができないと悩む人には、ベイザー治療がおすすめです。ベイザー治療とは、脂肪吸引の施術方法のひとつで、特殊な超音波であるベイザー波を利用して、気になる部分の脂肪細胞を柔らかくし、乳化させて吸引します。

このベイザー波を脂肪細胞層に当てることで、脂肪と体内組織である血管や神経などを傷つけずに離すことができます。吸引力で脂肪を吸い取る従来の脂肪吸引術とは違い、体への負担が少なくて済み、効率よく吸い出すことができてその効果も高いと評判になっている方法です。

蓄積した脂肪は、時間がたてばたつほど硬くなり、セルライトや脂肪層を落としづらくしてしまいます。特に二の腕は、老廃物がたまりやすく、脂肪燃焼させるのが難しい部位ですので、脂肪が気になる箇所を効率的に痩せさせることができるベイザーは、ぴったりの施術でしょう。

手術は全身麻酔で行われる場合が多いですが、乳化した脂肪細胞を細いカニューレを挿入して吸引するため、他の脂肪吸引と比べて傷が小さくて済みます。出血量も少なく、あらかじめ超音波を当てて体内組織から脂肪を分離しているので、吸引箇所にかかる負担を軽減し、術後の腫れも少ないのが特徴です。

手術後に麻酔が切れてしまうと、やはり多少なりとも痛みは残ります。人によって痛みの感じ方は異なりますが、腫れぼったい感じや筋肉痛程度の痛みが1、2週間程度続くと言われています。他の脂肪吸引と比べて、ダウンタイムはずいぶん短く、過度の圧迫や激しい運動を避ければ、無理のない範囲で翌日から通常通りの生活を送ることも可能です。痛みに不安があるなら医師と相談して、鎮痛剤を処方してもらうこともできます。数週間後には痛みも引き、その効果を実感することができるでしょう。