1カ月以内に全額返済で利息無料

通常、銀行や消費者金融から借入を行った場合、借りた金額に対して決められた金利の元、利息が付加されます。

金利は、消費者金融ごとに違いがあり、金利が高ければ高いほど付加される利息も高くなります。

ですが、プロミスでは、借りた金額を1カ月以内に返済すると利息無料のキャンペーンを行っているので、1カ月以内に借りた金額を返済する事が確実に出来る人にとっては、大変お得なキャンペーンとなっています。

通常であれば例え借りた金額が少額であるとしても利息が付くわけですから出来る事なら誰もが借入したくないと思うはずです。

しかし、日常生活を過ごす中で急な出費が必要になる事もただあります。

そのような場合、家族や友人、あるいは、勤めている会社に前借りをお願いして借りる事が多いと思いますが、家族や友人にも都合があり、会社からの前借りにしても認めていない所もあり、必ず仮つ事が出来るか?わかりません。

欲しい物を購入するためにお金を借りる事が目的であれば自分が我慢したら良いだけですが、支払い期日があるものである場合、待ってはくれないので、早急に支払う必要があり、お金が必要になります。

このように急な出費があり、やむなく借入しなければならない人、1カ月以内に確実に全額返済する事が出来る人にとっておすすめのキャンペーンです。

注意点としては、この無利息キャンペーンは、初めてプロミスに申し込みを行った新規会員で初回借入時のみ適用されます。

2回目以降は、通常通りの金利が利息として付加されるので理解して置く事です。 次に1度借入をしたことから借入しやすいからと安易に借りてしまう事です。

利息と言うのは、借入額が多いほど、高くなるので、しっかりと自制して借入と返済を行わないとあっという間に限度額まで借入してしまい高い利息を払い続けなければなりません。

毎月の返済は、返済額からまず利息分を引いた後に残高が引かれて行き、決められている最低返済金額だけで返済をしておくと全額返済するまでにそれだけ多くの利息分を支払う事になるため出来るだけ多くの金額を返済する事が必要になります。

審査が不安の方のための即日融資

融資を受けるにあたり、中には審査が心配という方も多いはず。

そんな審査に自信が無いとか、心配という方は「お試し審査」のある即日融資を利用し融資を申込むべきか否かを検討してみてはいかがでしょうか。

審査に自信のない方が、むやみにあちこち申込んでもそれだけで申込ブラック等のレッテルを張られ、今度はどこの申し込んでも審査が通らないという事になってしまいますので、審査に自信が無いけどお金が必要という場合は、まずは簡単な質問に応えるだけで融資の可否目安のわかる「お試し診断」の利用をお勧めします。

「お試し診断」の診断に必要となる項目は、お試し診断を設けている各融資会社により異なりますが、3項目程度の質問事項に入力するだけで可否判断の目安がわかるところもありますし、およそ8項目程度の質問事項に入力する事により可否目安がわかる融資会社があります。

いずれにしてもこのお試しは匿名にての診断なので、申込履歴を作ることなく融資の大体の可否目安がわかりますので、利用してみる価値は大いにあると思います。

勿論、お試し診断はあくまでお試しなので、それで「融資が可能かと思われます」と出た場合にも本審査では否決になるという事もあり得ますが、むやみやたらにあちこち申込むよりは、こうしたお試し診断を利用し申込みをする方が可決率も高める事が出来ると思います。

即日融資を利用したい方の中には、やはり総量規制ギリギリの線まで借り入れている方というのも多いと思いますので、そうした融資に自信が無い方や初めてで不安という方には、お試し診断の利用をお勧めします。

勿論、お試し診断をしたからといって、必ずそのお試しを受けた融資会社で融資をする事もないですので、初めて即日融資を利用するので不安という方は、まずは各融資会社の設けている「お試し診断」を利用し、自分が融資されるか否かの大体の目安が分かってから申込先を考えてみるという事でも全然問題ありません。

即日融資を申込む場合は、色々と不安も多いのでこうした簡単な質問で融資の可否目安が分かるシステムの利用は大いにするべきと考えます。

今回の記事はコチラの『即日融資いくらまで借りれるか?』に関しての記事が参考にしております。

プロミス審査で重視されるポイントとは?

プロミスの審査で重視されるポイントの優先順位は決まっています。

まず、最も重視されるポイントは過去の返済履歴です。

例えば、現在の勤務先が大企業で収入がいくら多くても、過去に延滞や金融事故などの記録が有る人には融資できません。

従って、申込者が簡易審査の後に正式な申し込みを行うと、直ちに全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関に申込者の過去の記録が照会されます。

つまり、いつ何処で幾ら借りていつ返済したかが個人別に全て記録されています。

また、返済の遅れが有った場合は、全て詳細に記録が残っています。

そして、現在の他社借り入れについても、何社で幾らのカードローン残高があるのかが解ります。

万が一、過去の返済履歴に問題が見つかれば、その時点で審査は打ち切りです。

また、個人信用情報機関に照会した時点で、申込者のカードローン残高が年収の1/3を超えているか否かも解る訳です。

仮に、申込者のカードローン残高が年収の1/3を超えている場合も、審査は直ちに打ち切られます。

貸金業法の総量規制に抵触するからです。

ここまでの審査で過去に問題がある人はチェックされた訳で、審査は次の現在の審査と将来の返済能力の審査に移ります。

現在の審査と将来の返済能力の審査で重視されるポイントは、申込者の勤務先状況と住宅状況と家族状況の3つのポイントです。

そこで、まず、申込者の勤務先と自宅に在籍確認の電話が掛かります。

在籍確認の電話は殆どの場合は何ごとも無く終わりますが、中には在籍確認電話で虚偽の申告などが判明することがあります。

また、申込者の自己申告の内容がチェックされます。

つまり、勤務先の状況や申込者の勤務先での地位・役職・勤続年数・年収などが確認されます。

そして、最後に持ち家の有無や居住年数や妻子の有無などの家族状況がチェックされて、申込者のクレジットスコアが出揃います。

このクレジットスコアによって、融資上限額や適用金利が決められます。低金利でお金を借りる方法